自動車整備士の資格を取得するには、整備工場で実務経験をした後に、学科・実技の試験を受ける方法と、整備工場で実務経験をした後に日本自動車整備振興会の講座を受講し、実技試験免除で学科の試験を受ける方法、国土交通省の認定学校を卒業して、実務・実技試験免除で学科の試験を受ける方法があります。また、自動車整備士の資格は、一般的に三級から順番に取得していく必要があり、1年以上の実務経験後に三級を受験し合格して一定期間以上の実務経験経験をもった人に、二級の受験資格が与えられます。さらに、二級合格後、一定期間の実務経験をもった人に一級の受験資格が与えられるというシステムです。機械系高校や大学を卒業している場合には、実務経歴の短縮もあります。自動車整備士の資格を取るには、認定学校の自動車整備士のコースで勉強する方法が一番でしょう。実務・実技試験の免除は資格取得に有利ですし、実際に二級自動車整備士の多くは認定学校を卒業しています。三級自動車整備士は、独学でも十分に合格することができる難易度です。その際には、自動車整備振興会が刊行している参考書を使って勉強するといいでしょう。ほとんど全ての問題が自動車整備振興会刊行の参考書内から出題されています。二級自動車整備士や一級自動車整備士を独学で学習する場合は、勉強できる環境を十分に整える必要があります。やや難しいレベルではありますが、過去問題やテキストなどで勉強を進めていけば学科は問題ないはずです。また、陸運局や整備振興会が開催する講習などがある時には積極的に参加するといいですね。認定学校に通わずに独学で受験することのデメリットは実務経験が必要なことで、結果的に資格取得に時間が掛かってしまうことになるでしょう。